NIPT施設の違いをご紹介!

このサイトでは、新型出生前診断(NIPT)についての様々な情報を紹介しています。
これから出産をむかえる妊婦の方にとって、生まれてくる新しい命はとても気にかかるものと言えるでしょう。
無認可で実施している施設で受けることに法律上の問題点はないのかどうか、検査に関する不安点の問い合わせ方法や認可施設との違い、検査を実施している場所が増えてきていること、そして重要な費用面に関してなどをわかりやすくまとめていますので参考にしてください。

無認可でNIPTをしている施設は法律的に大丈夫?

無認可でNIPTをしている施設は法律的に大丈夫? 新型出生前診断(NIPT)を実施している施設は多く見られるようになり、実際に検査を希望する妊婦の方も増加傾向にあると言われます。
無認可でも大丈夫なのかどうかを心配されている妊婦の方も多いと考えられますが、結論から言えば無認可であっても法律上問題がありません。
NIPTを受けてその検査結果について判明した場合に、妊婦さんに対しての適切なフォローが行われ、より良いサポートが行われている施設であれば問題なく大丈夫であると考えて良いでしょう。
重要なのは認可されているかどうかではなく、実際に検査を受けた方の側に立ち、その後のご夫婦の心強い支えとなってくれるのかどうかという点です。
法律上の問題はありませんので、無認可施設でのNIPTを検討してみることも一つの選択肢です。

NIPTを認可施設と無認可施設のどちらで受けるか

NIPTを認可施設と無認可施設のどちらで受けるか NIPT(新型出生前診断)は妊婦さんが胎児の先天異常を知りたい時に受ける検査です。
採取した母体血液中にある胎児由来のセルフリーDNAから、染色体異常の可能性を調べることができます。
事前に胎児の状態を知ることにより、生まれた時の備えができるというメリットがあります。
非確定検査ではありますが、100%に近い99.9%の精度。
母体や胎児にかかる負担が少ないのも特徴です。
NIPTは認可施設と無認可施設があります。
どちらで検査しても検査の精度に違いはありませんが、陽性だった時の対応に違いがあります。
認可施設では産婦人科医が在籍しているため、羊水検査をすることができます。
専門医が対応し遺伝カウンセリングが受けられます。
ただし認可施設では検査を受ける条件が厳しく、検査結果の返却が遅いこともあります。
予約が取りづらく検査項目が限られ費用も高額になりがち。
無認可施設では検査を受ける条件がほとんどなく検査項目も豊富です。
費用も安く検査結果の返却が早いです。
遺伝カウンセリングは行っておらず専門外の医師が検査を担当することがほとんど。
陽性時の対応には違いがありアフターフォローが不十分な場合もあります。
ですが無認可施設であっても産婦人科医のフォローがある施設も存在します。
施設によって違いがあるため、検査項目やアフターフォローなどを調べ比較検討して決めましょう。

おすすめのNIPT情報サイト

東京のNIPTにお任せください